包茎手術・包茎治療を包茎専門ドクターが全面バックアップ 包茎手術・包茎治療一筋の専門病院です-----東京ノーストクリニック 札幌院

気になったら、早めに専門医の診察を受けましょう

大切なパートナーと自分自身のために・・・

HOME > 性病の悩み

性病の悩み/早めに専門医の診察を受けましょう

男性であれば性病について一度は心配になることがあるのではないでしょうか。

性病の原因は様々ですが、不潔であることが一因となることもありますので、特に不衛生になりがちな包茎の方は要注意であると言えます。
排尿時に痛みを伴ったり、性器から膿が出ていたり、もしくは亀頭や肛門周辺にブツブツが出来ている場合には性病の疑いがあります。
さらに性感染症の中には全く痛みやかゆみを感じないものもあるので、自己判断で「大丈夫だ」と思うのは大変危険です。

ペニスに関して正しい知識を持ち、医師の診察を受けることで、日ごろから性病予防に心がけていきましょう。
それが自分や大切なパートナーを守ることに繋がっていきます。

ペニスの不衛生が性病の原因となることが多いのです。包茎の方は特に不潔な状態になりがちですから、注意が必要です。

性病一覧表

STD

セックスやキス、オーラルセックスなど、さまざまな性行為によって感染する病気すべてを「STD」と呼びます。
まれではありますが、銭湯などの共同浴場や共有のタオルなどを介して感染するものもあります。
早期に発見し治療することで、完治できるものが多いので、下記のような症状がある場合には早めに専門医の診察を受けることをお勧めします。

尖圭 せんけい 
コンジローム
(ヒト・パピローマウィルス)
症状 亀頭周囲、包皮内側当に小さなブツブツができ、尖(とが)ったイボに育っていく。痛みやかゆみはない。
治療 電気メス・液化チッ素による除去。抗ガン剤軟膏(なんこう)も効果あり。
潜伏期間 1〜12ヶ月
クラミジア
(クラミジア・トラコマチス)
症状 亀頭周囲、包皮内側当に小さなブツブツができ、尖(とが)ったイボに育っていく。痛みやかゆみはない。
治療 電気メス・液化チッ素による除去。抗ガン剤軟膏(なんこう)も効果あり。
潜伏期間 1〜12ヶ月
毛ジラミ症
(毛ジラミ等)
症状 陰毛や腋毛(わきげ)の根元等に1ミリ前後の毛ジラミが寄生し、血を吸うため、強いカユミがおこる。毛ジラミは肉眼でも確認できる。
治療 皮膚科にて毛ジラミ殺虫剤等。
潜伏期間 1〜4週間
淋病
(淋病)
症状 尿道炎になり、クリーム色の膿(うみ)が出る。尿道がはれるため、排尿時に強い痛みや残尿感が起こる。
治療 2〜3週間の抗生物質服用、またはペニシリン等の特効薬注射。
潜伏期間 2〜10日
性器ヘルペス
(単純性ほう診ウィルス)
症状 ヘルペスは基本的に体のどこにでも感染する。性器感染の場合はペニスや肛門に強い痛みやかゆみが発生する。数日後、水泡が複数でき、破れるたびに強い痛みがある。
治療 1〜2週の抗ウィルス剤服用または塗薬。完治は困難。
潜伏期間 2〜14日
カンジタ症
(カンジタ・アルビカンスカビ)
症状 軽い亀頭周囲炎、尿道炎や残尿感、尿道のかゆみ等。女性の膣内常在菌。体力低下時に発症しやすい。
治療 患部に抗真菌剤の塗布。
潜伏期間 2〜14日
トリコモナス症
(トリコモナス原虫)
症状 軽い尿道炎や排尿時異物感、少量の膿(うみ)等。症状が軽い場合も多い。その為、他人にうつしてしまうことが多いので注意が必要。
治療 泌尿器科の内服薬服用。
潜伏期間 4〜18日
梅毒
(梅毒スピロヘータ原虫)
症状 感染後2〜4週でペニスや肛門に数ミリの赤いシコリができる。痛みはないがそれが潰瘍に変わり痛みが出る。放っておくと症状は一旦治まるが、着実に進行し3ヶ月後位に全身にかゆみ・発疹が起こり、数年後には脳を侵し死に至る。
治療 ペニシリン等の抗生物質投与。
潜伏期間 2〜4週間
軟性下疳
(軟性下疳菌)
症状 性器または尿道内に赤い斑点潰瘍ができ、強い痛みを伴う。そけいリンパ節も腫れ、痛む。
治療 患部に抗カビ剤の塗布。
潜伏期間 2〜15日

このページのトップへ戻る

STDの感染を予防するには

STD(性行為感染症)に感染する人の数は近年急激に増加しており、国内の感染者は600万人以上とも言われています。
日本国内でも年間約60万人の方が新たに感染していると推定され、「僕には関係ない特別な病気だ」と他人事のように言えず、一般化している病気です。
自分や大切なパートナーのためにも、正しい知識を身につけ、医師に早めに相談することで感染を未然に防ぎましょう。

不特定多数との性行為を避ける

みなさんも当然だと思われるかと思いますが、不特定多数の人と性行為を行うことは、STDへの感染確率を高めてしまいます。
つまり複数のセックスフレンドをお持ちだったり、風俗店をよく利用する人は、STDの感染リスクが高く、そのような環境の人は、現在自覚症状が無くても一度は医師の診察を受けてください。

適切にコンドームを使用する

STD感染予防に関して大きな有効手段はコンドームの使用です。
感染予防のためには、膣性交のときだけなく、オーラルセックス、さらにはアナルセックスの際にも必ず使用するようにしてください。もちろん、射精直前ではなく、 性行為の初めからきちんとコンドームを装着するようにしましょう。
ただし、コンドームを使用していても100%の予防対策ではない、ということも覚えておいて下さい。

STDに関する正しい知識を身につける

無知、無関心が感染をひろげます。自分には関係ないとは言えません。 今や性感染症は、性生活のある人なら誰でも感染の可能性がある身近な病気なのです。HIV(エイズ)でさえ、国内の感染者は激増しています。

早め医師に相談し、診察を受ける

STD(性行為感染症)は、比較的症状が軽く、中には感染しているにも関わらず無症状の病気もある為、性器や性器の周辺で少しでも違和感を感じた場合には、気軽に相談や医師の診察を受ける必要があります。
特に日本人男性に多い包茎の人の場合には、ペニスが不衛生になりがちなので、注意しましょう。

このページのトップへ戻る

お一人で悩まずにまず、包茎専門院の東京ノーストクリニックにご相談下さい。
ベテラン男性スタッフが貴方のお悩みに的確にお答えいたします!

脱毛専門サイト お電話でのご相談 0120-12-7211 専門ダイアルへお電話ください!

メールでのご相談 24時間対応! 無料メール相談 お悩みにベテラン男性スタッフがお答えします

無料メール相談/スタッフや意思が貴方の悩みに24時間、丁寧にお答えします!
0120-12-7411 24時間対応!

勇気を出して包茎治療の相談をしました!親切な対応にほっと一安心。

携帯サイト

忙しい貴方に携帯サイトも!情報が満載!
通勤通学中にもどうぞ

QRコードで簡単アクセス!

QRコード

i-mode,ez-web,softbank対応
アクセス

◆診察日:年中無休、土・日・祭日も診察
◆診察時間:午前10時〜午後9時
◆完全予約制   ◆オール男性スタッフ
◆プライバシー厳守

最寄駅
[JR札幌駅] 南口より徒歩3分

札幌院

>>詳細

札幌院地図

住所
北海道札幌市中央区北二条西2-33 マーシャルビル4F

ベテラン男性スタッフがお待ちしています
頼れる!東京ノーストクリニックなら!
全国に広がるネットワーク

上野・秋葉原/札幌/盛岡/仙台/
郡山/新宿/渋谷/町田/八王子/
横浜/千葉/大宮/水戸/宇都宮/
高崎/甲府/新潟/金沢/長野/名古屋/
豊田/岐阜/静岡/大阪/堺/京都/
姫路/広島/岡山/高松/福岡/